弁護士のメリット

交渉自分で示談交渉をする問題点を考えてみる必要もあります。交通事故の被害に遭っている状況の中で、保険の専門家の保険会社の担当者と交渉をくりかえるのは、とても苦痛なことになるでしょう。お金の話としてプレッシャーを掛けてきます。肉体的もきつく、将来的なことも考えなければいけないときです。軽いけがだったとしても、負担があることに違いなどありません。その時に交渉するのは、あまりに精神的なきつさが残るでしょう。弁護士に依頼するというのは、代理人として依頼することになるため、一切負担がなくなります。示談に関してもとても大きな影響を与えるでしょう。

弁護士に依頼するとお金がかかりますといわれますが、保険会社に任せているよりも、はるかに増額できるようになることを考えると、なにもデメリットではありません。算定基準が全く異なるのですから、差額が出たとしても問題はないはずです。保険会社もいろいろな理由をつけてきますが、手続きに関しても弁護士に任せられますし、費用も交渉終了後に支払われた慰謝料などで賄えます。自分で持ち出す必要などないのですから、弁護士を活用していくほうが、示談交渉は多くのメリットを生み出していくのです。

参考サイト/交通事故示談交渉依頼【アディーレ】

交渉のロードマップ

弁護士示談交渉の相場は、はっきりとわかるものではないでしょう。これはなぜかといえば、保険会社は自社で基準を持っており、これを持って示談交渉に臨むからです。この保険会社の算定基準は、公表されているものではありません。自社で好きに決めているもので、利益を上げるために作られているのがポイントです。この基準を持って自分の使っている保険会社からも示談が成立しましたといわれたとしても、納得するべきではないのは当然の答えでしょう。正当な保険金を支払ってもらうためには、弁護士のような経験がある代理人が交渉しなければいけません

交通事故を専門としている弁護士は、日々保険会社の担当者と交渉を続けています。戦っているといいかえることもできますが、保険会社の行動から持っている基準、増額するためのポイントまで把握しています。これも経験ですが、裁判まで持ち込むこともいとわない会社なのか、それとも早期決着を望むのかといったところまで経験から割り出していけるのが強みです。示談交渉を続けていって、どこまで利益を満たすことができるのか、将来的なロードマップも引くことができるのですから、弁護士に依頼するメリットが大きいことが見えてくるでしょう。

経験の差

交通事故交通事故被害を考えた時に、経験豊富という人は、ある意味で不幸なことです。できれば会いたくないのが交通事故であり、数多く経験するというのは、あまりにまれなことにもなってくるでしょう。そうなると、示談交渉の経験もそうそうあるものではありません。初めてという人も多いでしょう。ところが、保険会社はさまざまな経験を積んでいるプロです。この状況の中で示談交渉をするという意味を理解してみないといけないでしょう。相手はペースを握ろうとしますし、こちらははっきりとわからないまま進んでしまいます。専門家である弁護士を投入するべきなのは、自明の理といえます

初めて交渉をすることになれば、代理人である弁護士は強い味方になってくるでしょう。保険制度を考えれば、被害者救済のために存在しますが、保険会社にも利益をあげなければいけない都合が存在します。その中で交渉するのですから、弁護士のような経験がなければ相手にはならないでしょう。さまざまな理由をつけて減額を迫ってきますし、拒んでくる状況も出てくるからです。こちらは被害者なのですから、相手側の都合で減額されたりする理由はありません。もっとしっかりと交渉していくためにも、弁護士に依頼するべきです。

交通事故被害と示談

交通事故交通事故にあってしまうと、さまざまな被害を生み出してしまうことになります。被害者は苦しい思いをすることにもなるでしょう。そのため、損害賠償請求を起こすことになっていきます。交通事故に遭わなければ、こうした被害にあわなかったのですから、当然の請求の権利です。そうなると、登場するのが保険会社になってきます。自分の保険会社も巻き込み、さまざまな交渉が広げられて行きますが、自分の見えていないところで進んでいき、示談が成立したという話になることもあるでしょう。サインしてくださいと提示されますが、これが大きな落とし穴になってくることがあります。

交通事故案件に関して言えば、専門の弁護士に依頼して、代理人となってもらい交渉することが一番です。保険会社任せにしておくことは、正当な保険金が得られる示談交渉にはなりません。提示された書類をサインする前に弁護士に相談してもらうと簡単です。最終的な過程として、訴訟になるのを避けるために示談を進めているだけであって、正当な金額の定時ではないことに気が付くでしょう。

交通事故の起きる可能性は、だれにでもあります。仮に家の中にいても、車に突っ込まれて怪我をする可能性はゼロとは言えません。どんな状況になるかはあっても、交通事故に遭う可能性はあるのですから、示談ということに関しても知識を持っておかなければいけないでしょう。もしもの時に備えるという意味でも、交渉に関する参考にしてみてはいかがでしょうか。