経験の差

交通事故交通事故被害を考えた時に、経験豊富という人は、ある意味で不幸なことです。できれば会いたくないのが交通事故であり、数多く経験するというのは、あまりにまれなことにもなってくるでしょう。そうなると、示談交渉の経験もそうそうあるものではありません。初めてという人も多いでしょう。ところが、保険会社はさまざまな経験を積んでいるプロです。この状況の中で示談交渉をするという意味を理解してみないといけないでしょう。相手はペースを握ろうとしますし、こちらははっきりとわからないまま進んでしまいます。専門家である弁護士を投入するべきなのは、自明の理といえます

初めて交渉をすることになれば、代理人である弁護士は強い味方になってくるでしょう。保険制度を考えれば、被害者救済のために存在しますが、保険会社にも利益をあげなければいけない都合が存在します。その中で交渉するのですから、弁護士のような経験がなければ相手にはならないでしょう。さまざまな理由をつけて減額を迫ってきますし、拒んでくる状況も出てくるからです。こちらは被害者なのですから、相手側の都合で減額されたりする理由はありません。もっとしっかりと交渉していくためにも、弁護士に依頼するべきです。