弁護士のメリット

交渉自分で示談交渉をする問題点を考えてみる必要もあります。交通事故の被害に遭っている状況の中で、保険の専門家の保険会社の担当者と交渉をくりかえるのは、とても苦痛なことになるでしょう。お金の話としてプレッシャーを掛けてきます。肉体的もきつく、将来的なことも考えなければいけないときです。軽いけがだったとしても、負担があることに違いなどありません。その時に交渉するのは、あまりに精神的なきつさが残るでしょう。弁護士に依頼するというのは、代理人として依頼することになるため、一切負担がなくなります。示談に関してもとても大きな影響を与えるでしょう。

弁護士に依頼するとお金がかかりますといわれますが、保険会社に任せているよりも、はるかに増額できるようになることを考えると、なにもデメリットではありません。算定基準が全く異なるのですから、差額が出たとしても問題はないはずです。保険会社もいろいろな理由をつけてきますが、手続きに関しても弁護士に任せられますし、費用も交渉終了後に支払われた慰謝料などで賄えます。自分で持ち出す必要などないのですから、弁護士を活用していくほうが、示談交渉は多くのメリットを生み出していくのです。

参考サイト/交通事故示談交渉依頼【アディーレ】