交渉のロードマップ

弁護士示談交渉の相場は、はっきりとわかるものではないでしょう。これはなぜかといえば、保険会社は自社で基準を持っており、これを持って示談交渉に臨むからです。この保険会社の算定基準は、公表されているものではありません。自社で好きに決めているもので、利益を上げるために作られているのがポイントです。この基準を持って自分の使っている保険会社からも示談が成立しましたといわれたとしても、納得するべきではないのは当然の答えでしょう。正当な保険金を支払ってもらうためには、弁護士のような経験がある代理人が交渉しなければいけません

交通事故を専門としている弁護士は、日々保険会社の担当者と交渉を続けています。戦っているといいかえることもできますが、保険会社の行動から持っている基準、増額するためのポイントまで把握しています。これも経験ですが、裁判まで持ち込むこともいとわない会社なのか、それとも早期決着を望むのかといったところまで経験から割り出していけるのが強みです。示談交渉を続けていって、どこまで利益を満たすことができるのか、将来的なロードマップも引くことができるのですから、弁護士に依頼するメリットが大きいことが見えてくるでしょう。